2018年11月14日

次に「欠点を改善する努力」。「欠点」

次に「欠点を改善する努力」。「欠点」がない不動産はありません。買主が不安に思う土地の欠点をきちんと把握し、その対策を事前にとっておくことが必要です。そして「どうすれば買主が幸せになれるか知る努力」。不動産を売却する時に買主の立場に立てば、どのような不動産を欲しがるか、どのような情報が欲しいかが自然と見えてきます。買主としては、トラブルがなく、情報がきちんと開示されている物件を欲しがります。立地条件や近隣環境など、売主の努力でどうにもならない場合もありますが、売主側で事前に改善できる欠点やトラブルは、意外にたくさんあるのです。最後に③についてご説明しましょう。https://dmsr-tcsw.org/marriage/disadvantage/



Posted by 佐藤 博 at 12:26│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
PR
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
佐藤 博